看板に関する情報が満載!

インパクトの強い看板にしたいならイラストを取り入れて

看板は集客の第一歩となる重要なポイントでもあります。
それにどれだけ強いインパクトを持たせられるかが重要となります。
そのため、サービス内容などを詳しくのせてしまいたくなりますが、一瞬見かけるだけの看板に文字だけが並んでいるような状況では、なかなか目にとめてもらえません。
シンプルにサービス内容が伝わる形を目指しましょう。
それにはイラストの使用が効果的です。
文字なら読んで理解するまでに時間が必要ですし、集中しなければならないのであまり多くのことを盛り込むことができませんが、絵ならば見るだけですぐに理解できるので情報が伝わりやすいのです。
こういった特徴を利用して、サービス内容が伝わるようなイラストを載せていくとよいでしょう。
文字で説明するよりも伝わりやすく、また、インパクトも強いものとなります。
見る側の立場に立ってどのようなものが伝わりやすいかを考えていくと、より広告効果の高い看板を作ることができるのです。

イラスト、看板の説明

看板とは広告の一種です。
もともと木の板に宣伝したい内容を記し、それを地面に突き立てておくことで、それを見た人が一目見ただけで興味を持てるというものでした。
今では木の板に限らずプラスチックのものもあり、地面に突き立てるものの他長い板の形をして壁に立てかけて使うタイプのものも存在し、店の名前を入り口の上部に書いて吊るしたものも看板と呼ばれることがあります。
いずれにせよ、宣伝したい内容を必要最低限の長さに収め大きな文字で書き派手に装飾し、人目につく箇所に掲載しておく、という看板の本質に変わりはありません。
イラストとはもともとは絵のことです。
誰かが鉛筆なりペンタブなり任意の筆記用具で描いたものは全てイラストに分類されます。
ノート、黒板など何の上に描くかは関係ありません。
最近ではイラストと一口に言った場合、水墨画や油絵などアナログのものよりペンタブなどパソコン上で絵を各ツールを用いて作成した電子的な画像のことを一般的に指すことが大半です。
ともに製作物、文化物であることから、両者にも作成した瞬間と同時に著作権が作者に発生します。

おすすめWEBサイト 5選

2017/3/2 更新


>>上部へ戻る<<