看板に関する情報が満載!

よく見かける看板にはどれぐらいの種類があるのか

繁華街やショッピングセンターなどを歩けば必ず目にする看板ですが、これらには実に数多くの種類が存在します。
店舗の軒先にあるものだけでも大きく掲げられた壁面文字や建物の壁面に突き出した袖看板、自立サインやポールサイン、店舗の入り口付近に設置して歩行者を誘導する為のスタンドサインといったように種類が豊富で、そのお店の存在をアピールしたり、様々な用途に適したものがたくさんあります。
その他にもビルの屋上や塔屋に掲げるものや、垂れ幕や横断幕、のぼり旗もその種類に含まれ、ガラス面を広告に利用してのウインドマーキング(カッティングシート)であったり、社名板や施設名称板としてロゴやマークや文字を金属板に彫り込んだ銘板サインも看板の部類に入り、様々な分野で役立っています。
さらには、それ自体を美術作品として芸術性・アート性に富んだものも存在していますので、普段何気なく目にしているそれらの中に、そうしたものを見かけることもあるかもしれません。

看板についての説明文と種類

看板とは宣伝広告の一種であり壁等に貼り付けたり建て掛けたりするタイプの形容の物です。
種類も幾つか存在しており素材等も木製やプラスチック、合成樹脂、金属類等があり使用用途によって大きさ等も異なります。
一般的には店舗や商品企業等の新商品等を宣伝するために使用され主な設置場所は人通りの多い場所や駅構内、店舗内と人目のつくで使用されるのが殆どです。
また企業や店舗の社名やマークを看板として用いる事で宣伝効果を高めるためにも使用されます。
その他の種類として飲食店等の店舗前に設置されている電光を併用する事で効果を高められる合成樹脂タイプ、夜間でもはっきりと見え主に遊戯施設の宣伝と使用される電光掲示板、車道の行き先や避難経路を記した最も重要と言える案内板があります。
歴史的から見れば古く人類が文字の文化を得てから存在しており主に道しるべとして利用されており重要な役割を担っていました、その後時代が進み飲食店や呉服店等の店舗の宣伝と使用され始めた経緯が有ります。

pickup

最終更新日:2017/3/2


>>上部へ戻る<<